• ホーム
  • ホーム
  • ホーム
RSS

関西でぶどう狩りが楽しめる農園

夏から秋にかけて、果物のシーズンがやってくると、果物狩りを楽しみにしている方が多いのではないでしょうか。果物狩りは様々な種類がありますが、人気が高い果物と言えばぶどうだと思います。

毎年、ぶどう狩りを楽しんでいる方もいらっしゃると思いますが、食べ方で迷ったことはあるでしょうか。皮を剥くには時間が掛かりますし、手が汚れてしまいますが皮ごと食べるのはマナー違反という話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。身近な果物ですが、ぶどうについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。こちらでは、そんなぶどうの紹介をさせていただきます。

■ぶどうとは

ぶどうは、近所のスーパーでも購入することができる果物ですが、最近ではぶどう狩りで取れたてを楽しむ方が多くなっています。ぶどうの種類は10000種以上もあると言われていて、日本でも交配させていくつものオリジナルぶどうを生み出しています。ぶどうの歴史は古く、紀元前4000年から3000年頃から食べられていると考えられていて、古代エジプトの壁画に栽培の様子が描かれた物が見つかっています。ヨーロッパぶどうは主にワイン用に育てられていて、フルーツとして生食しているのは一般的にアメリカぶどうです。

■ぶどうの種類

私たちが普段から口にすることが多いぶどうには様々な種類がありますので、特徴を理解して選ぶことでさらに美味しいぶどうが食べられます。日本で有名なぶどうと言えば巨峰だと思います。果肉のしまりと甘み、果汁が多いのが特徴の巨峰はお年寄りから子供まで好かれている品種の1つです。

そんな巨峰とカノンホールを交配させたぶどうがピオーネです。
巨峰と同じように大粒ですが、甘味と酸味のバランスが取れているため、巨峰と比べると少し大人の味になっています。どちらも種なしの品種がありますので、お子さんとぶどう狩りをする際におすすめです。

■ぶどう狩りや梨狩りを関西で楽しむなら

関西にお住まいの方でぶどう狩りや梨狩りを楽しみたいとお考えの方は、ぜひ森園に足を運んでください。森園では、赤嶺ロザリオビアンコ、シャインマスカットなど様々な品種を揃えてお待ちしています。