• ホーム
  • ホーム
  • ホーム
RSS

関西で梨狩り(南水・豊水)に参加するなら【森園】がおすすめ〜梨の由来〜 | 関西で梨狩りなら

関西で梨狩り(南水・豊水)に参加するなら【森園】がおすすめ〜梨の由来〜

梨狩りを関西でお考えなら市販よりも糖度が高い梨を味わえる【森園】がおすすめ

梨狩りを関西でお考えなら市販よりも糖度が高い梨を味わえる【森園】がおすすめ

梨狩り関西で体験して、期間限定の果実の味覚を満喫しませんか?

【森園】のある有田巨峰村は、全体の広さが約40ヘクタール(農園の広さが30軒前後)、そんな巨峰村で【森園】はナンバー1の栽培面積・栽培品種数を誇っています。減農薬乳酸菌栽培で土地の水はけが良いため、水臭さもありません。

栽培している梨の糖度も、市販のものに比べて糖度1〜2度高く、体験狩りでも「甘くておいしい」と人気です。南水豊水など様々な品種をお楽しみ頂けますので、関西で梨狩りを計画している方は【森園】へ。

色々ある!梨の名前の由来

秋の味覚の1つである「梨」は、名前の由来も多い果実です。この由来について簡単にご紹介いたします。

■梨の由来

  • 梨の中心部分は特に酸味が強いことから「中酸(なす)」
  • 果肉が白いことから「中白」や「色なし」
  • 風が強いと実ができにくいことから「風なし」、それから転じて「なし」
  • さわやかな味わいで「甘し」と呼ばれ、後に「なし」

このように、梨の名前の由来には様々な諸説があります。呼び方を省略することで現在の梨(なし)になった説が多く、どれも梨の色や味から生まれているのも特徴です。旬の時期には食べる機会も多い梨、色々ある由来を頭に思い浮かべながら食べると新たな発見があるかもしれません。

関西で梨狩り(南水・豊水)やぶどう狩りなら栽培品種数が多い【森園】へ

関西で梨狩り(南水・豊水)やぶどう狩りなら栽培品種数が多い【森園】へ

関西で梨狩りやぶどう狩りをお考えなら、旬のおいしさがたっぷりと詰まった新鮮な果実を楽しめる【森園】がおすすめです。

梨は、幸水・新高・南水・豊水など6〜7種類の品種があり、体験狩りでは味比べに挑戦することも可能です。

また、【森園】では専用アプリ(有田巨峰村・森園アプリ)を通して、農園のお得な情報をいち早くお届けいたします。iPhoneとAndroidでどちらもアプリ利用可能ですので、お気軽にダウンロードください。

お役立ちコラム

関西で梨狩りができる農園をお探しの方は【森園】へ

ショップ名 ぶどうと梨の専門店 有田巨峰村 森園
所在地 〒 643-0313 和歌山県 有田郡有田川町 川口 1054-24
電話番号 0737-32-3843
URL http://www.budouen.net

ページトップへ