• ホーム
  • ホーム
  • ホーム
RSS

ぶどう狩りだけじゃないおいしいぶどうジャムレシピ

ぶどう狩りだけじゃないおいしいぶどうジャムレシピ

季節の果物が新鮮な状態で食べることができ、観光スポットとしても注目を集めている果物狩りができる農園は、女性や家族連れに大変人気を集めています。なかでも、ぶどう狩りや梨狩りで採れる果物は生で食べてもおいしいですが、加工してジャムにすると、また別のおいしさが味わえます。

■準備するもの

ぶどう、砂糖、レモン汁、お茶パック、ガラス瓶(梨ジャムレシピ内で便利なグッズをご紹介していますので、ご参照ください。)

■ぶどうジャムレシピ

ぶどうジャムレシピ
  • 始めにぶどうを一つ一つ丁寧に洗い、半分にきり皮を剥き、種を取り除きます。
    ※剥いた皮や種は捨てずにお茶パックに入れておく
  • ぶどうと砂糖を軽く混ぜて、30分ほど寝かせます。
  • 鍋の中にぶどうと砂糖を混ぜたもの、お茶パック、レモン汁を入れ、強火で煮込みます。
  • 焦げないように混ぜながらアクをこまめにとります。
  • グツグツしてきたら弱火にして、混ぜながらさらに煮詰めます。
  • とろみがでたら火を消して、あら熱がとれたらお茶パックは取り出し、ジャムをガラス瓶に入れて完成です。

※甘さの加減はお好みでご調整ください。

■ぶどうジャム活用法

定番のヨーグルト

ヨーグルトにジャムをかけて食べるのが定番となっています。もちろん、ぶどうジャムもヨーグルトに合いますのでお試しください。

ジャムパン

これも定番中の定番ですが、食パンにぶどうジャムを塗って挟むだけの簡単レシピです。少しアレンジしてみたいという方は、ジャムと一緒にピーナッツバターやチョコクリームを挟んでみると一味違うジャムパンになります。

クリームチーズのぶどうジャム乗せ

ひとくち台のクリームチーズにジャムを乗せて食べる簡単なおやつです。チーズのなめらかさとジャムの程良い酸味・甘みの相性は抜群です。

ミートボール煮込み

普段の味付けにジャムを一緒に煮るだけでコクが増し、またミートボールが柔らかくなります。いつもの味に加えるだけで簡単なアレンジができますので、ぜひお試しください。

関西でぶどう狩りや梨狩りをお考えなら、ぜひ森園にお越しください。森園では巨峰をはじめ、ピオーネシャインマスカット赤嶺パインなど、たくさんの種類のぶどうを栽培しています。採れたては新鮮なため、生で食べてもおいしいですが、持ち帰ってジャムにすると保存もできますし他料理ともよく合うのでおすすめです。また、森園ではぶどう狩りや梨狩りだけでなく、バーベキューもご用意しております。ぜひご利用ください。